手汗の原因とケア方法

手手に汗握るとはよく言いますが、小さい子供のときから手に汗をかくという症状に悩まされていて、彼女が出来たときにも手をつなぐということがなかなかできませんでした。

緊張して汗をかいてしまい、そんな手で握られると嫌だろうと思ってしまうからです。
もちろん汗をかかないときも多いのですが、手に汗をかき始めるとあっという間にびしょびしょになるのです。ですから他の同姓の人と握手をするというのもできるだけしたくはないのです。

そして肌や柔らかく、冬は手の皮が剥けたりするのですが、そんな中でも手汗は起き、ハンドクリームを塗ろうとしても水分で肌にしっかり馴染まないことが多いのです。

そんな症状に悩まされていますのでどのように対策するかということですが、基本的には手汗の症状を抑えることは難しいと思っていますのでいつもハンカチを持ち歩いています。それで汗をかいたらすぐにふき取るようにしています。

そして緊張すると特に汗が出やすいのは確かですのでできるだけ緊張しないような工夫をするようにしています。

不安にならないように、どこかに出かける時には入念に準備をしてしっかりと行き先を調べることや、デートのときはリラックスを心がけるようにすること、そして手がすーっとするアルコール除菌液を持ち歩いて、それを使うことにしています。

また、手汗は意識することで多く出るように思いますので、あまり意識しないこと、忘れるように努力することも必要であると感じます。

以前にネットで手汗を止める方法として手術というものがあるということを調べて理解したのですが、それは多汗症などの場合のようで、確かにそれをすると治るようです。

そんなことを考えると緊張して汗が出てきます。手術は怖いのでするつもりはありませんが、うまく対処していけばそれほど気にならなくなってきています。

デートにおいてもあらかじめ相手に伝えていますし、意識しなくなるとそれほど汗は出なくなってきています。

手汗を抑える為に手術は恐いのですが、手汗専用のデオドラントなども販売されているようです。それが手汗を抑える方法 | 簡単な対処法はコチラ。私と同じように手汗で悩む方が、かなり効果があって改善されているようなので試してみたいと思います。

手汗

ワキガの原因は汗?ワキのニオイの原因と解消法

暑い季節になると体温を調節するために大量の汗をかいてしまいますが、汗をかくとどうしても悩んでしまうのが、自分の体臭です。
ワキ汗をかくと、いわゆる汗臭さを気にしてしまい、抑汗スプレーを毎度のように使ってしまいますが、実は汗自体は無臭なのです。

 なぜ汗は臭く感じるのか?
汗は「エクリン腺」「アポクリン腺」という2種類から出ていますが、
ニオイの問題となるのはアポクリン腺から出てくる汗が、あのツンとくる嫌なワキガ臭の原因なのです。

エクリン腺から出る汗は無臭で、かいたばかりの時は何のニオイもしません。
一方アポクリン腺から出てくる汗は、70~80%がアルカリ性の水分で、色は乳白色をしておりタンパク質や脂質・尿素・アンモニアが含まれているのですが、これらが肌の常在菌が分解する時、あのワキガ臭がするようになります。

エクリン腺から出る汗もかいたまま放置していると、常在菌によって雑菌がわくので、あの独特な汗臭いニオイに変化していきます。

脇汗のニオイ解消法

 汗をかいたら即ふき取る

汗はかいてから1時間程度で臭いニオイに変化していきます。
暑い季節には汗をこまめにふき取るようにしたり、通気性よい服を着る、汗をかいた服や下着はこまめに取り替えるようにしましょう。

 タンパク質中心の生活から食生活改善

タンパク質中心の食事形態ですと、動物性タンパク質は体臭を悪化させる原因になります。
必要以上に肉類を食べ過ぎないようにし、緑黄色野菜や海草類、魚、ゴマなどを食生活に取り入れ、水分を多く取るようにして汗の濃度を薄めるようにしましょう。

 ストレスフリーな生活

あまりにもストレスを感じる生活をしていると、不必要に汗をかいてしまいます。
寝不足や不規則な生活を改善し、ストレスフリーな生活をしていきましょう。

 重曹をお風呂に入れるだけで体臭予防

制汗スプレーで汗を抑えていても、根本的な原因を解消しない限り体臭は改善されません。
入浴する時に重曹を一握り浴槽に入れて入浴すると、身体に付いた余分な皮脂を落としてくれますし、身体を温める効果もあります。

重曹にクェン酸を足すことで炭酸温泉気分も楽しめ、血行促進効果で冷え性改善にも効果的です。

足のニオイを予防する方法

足のニオイを防ぎたいと思ったら、まずは足を清潔に保つことが大切になります。
たとえば、お風呂に入った時には、足の指とかかとをしっかりと洗うといいでしょう。
足のつめの周りやかかとの古い角質は、においの原因になりやすいです。念入りに洗うようにしたいものです。

そして、入浴後は、足の水分をタオルでしっかりとふき取るようにするといいです。
残っている水分は菌が増殖する原因になります。そして、これもまた、足のにおいの原因となるのです。このように、入浴の時に少し工夫するだけで、足のにおいは予防できるのです。

朝、出かける前には、素足にフットスプレーをかけるようにしてもいいでしょう。
足用のスプレーをするだけで、菌の増殖は予防できます。そして、さらっとした足元を保つことができます。この時には、足専用のものがお勧めです。そのほうが効果が期待できるのです。

そして、靴をはくときには、フットカバーやストッキングなどを着用してから、靴をはくといいです。足のにおいが気になる人は、素足ではくのは避けたほうがいいでしょう。
素足で靴をはくと、ムレやニオイの原因になることがあります。フットカバーなどは、汗を吸収する効果もあります。そのため、ムレやにおいを防ぐことができるのです。

そして、1日はいた靴は、しばらく陰干しして乾燥させるといいでしょう。
そうすれば、靴にニオイがこびりつくことはありません。同じ靴を何日もはき続けることはにおいの原因にもなります。靴は、何足か取り換えながらはくようにするといいでしょう。

また、足用のシートなどを利用して、汗をこまめにふくこともお勧めです。
夏になると、どうしても汗をかきます。からだだけでなく、足の汗もこまめにふくようにすれば、足を清潔に保つことができます。
そして、靴の素材も、夏になったら、通気性を重視して選ぶといいでしょう。風通しが良い靴ならば、汗がこもることも少ないです。
そして、いやなニオイ原因になることを避けられます。

デリケートゾーンの強烈な臭いの悩み

体臭がきつく、色々な部分の臭いで悩まされてきましたが、デリケートゾーンの臭いは特に強烈で、気持ちが悪くなってしまうほどです。

衣服をしっかり身に着けていても、デリケートゾーンの臭いは抑えることができません。しゃがんだり、体操座りをしたりしていると、ぷーんと臭ってきて、ショックを受けます。

周りの人にも臭っているのではないかと思うと、耐えられません。
トイレのような嫌な臭いがする、と言われたら、本当のところは分かりませんが、臭いの原因は私なのではないか、と本当に申し訳なく、恥ずかしい思いをします。

以前不正出血があり、心配になって産婦人科を受診した時に、きれいな子宮ですねと言われて喜んでいました。しかし、その時先生にどういう理由で言われたのかは分かりませんが、デリケートゾーンを清潔に保つように言われました。

多分デリケートゾーンが強烈に臭ったのか、とても汚れていたのでしょう。
しっかり洗ってはいったのですが、それからはもう少し気を付けて洗うように心がけるようになりました。

デリケートゾーンは、ちゃんと洗うように心がけてはいても、それで臭いがとれるわけではなく、どうすればいいか途方に暮れていました。ワキガなどのように制汗スプレーをかけるわけにもいかず、デリケートな部分だけによく蒸れてかぶれてしまうので、対策のとりようもありません。

しかし、このままではいけないので、インターネットで調べてみることにしました。
調べたところ、デリケートゾーンの臭いの原因は雑菌がたまっていることだということが分かりました。そして、しっかり洗っていたつもりが、私の洗い方では足りなかったようです。シャワーをジャージャーかけるだけでは雑菌はとれないそうです。

指で優しく、ちゃんと石鹸もつけて洗うように、それからは心がけています。
しかし、洗い方を変えてはみましたが、それでもデリケートゾーンの臭いはなくならず、解決には至っておりません。
最近では下着にパットをあてて、なるべくこまめに取り換えるようにして、ごまかしています。

柿タンニンの石鹸で体臭予防体験

私は40代の会社員の女性ですが、自分の体臭が気になります。
特に気になる場所が、2つあります。

 まず1つ目は、耳の裏側の臭いです。

耳の裏側に指を数回擦りつけ、その臭いを嗅ぐと銀杏の実に似た臭いがして、くらくらっとします。何時も市販のボディソープを使用しているのですが、直ぐにこの臭いが発生してしまうのが、悩みです。

 2つ目は、脇の臭いです。

夏になると脇に大量の汗をかき、洋服がびっしょりと塗れ黄色くなります。
漂白剤を薄めた液に一晩付けてから洗濯機の中に入れて洗っているのですが、それでも綺麗に落ちません。臭いも甚だしくつんとした酸っぱい臭いに、思わず咽てしまう程です。
今まではスプレータイプの制汗剤を使用してましたが、殆ど効果はありませんでした。

 柿タンニンの石鹸で改善

友人にこの話をすると柿のさち石けんを使用したら、体臭が気にならなくなったと言っていたので、自宅のパソコンで詳しい情報を調べてみました。そしたら配合成分の柿タンニンが、体の嫌な臭いを除去してくれる効果が高い事を知りました。
こちらの石けんを使用されている方たちの口コミも良い物が多いので、私も1つ購入をしてみる事にしました。

ネットで商品を注文してから大体1週間で、商品が自宅に届きました。
本当に柿の実のような淡いオレンジ色をした石けんで、毎日使用するのが楽しみになりそうです。付属の泡立てネットを使用しながら泡立てを始めると、あっという間に濃密な泡がたっぷりと出来ました。

泡を肌に乗せ全身を優しくマッサージするように洗ったら、臭いが気になる耳の裏側と脇は2度洗いをしました。洗い上がりの肌は、さっぱりしているのにつっぱり感が全くありません。

爽やかな良い香りがするので、男女問わず使用できるのが嬉ですね。柿のさち石けんを使用するようになってからは、耳の裏側や脇の嫌な臭いが殆ど気にならなくなったので、大変喜んでいます。

今度突然わきがになったと悩んでいた職場の同僚にも、教えてあげようと思います。

夏になると気になるデリケートゾーンの悩み

夏になると、ニオイが気になるというひとは多いですが、中でもお悩みが多いのがデリケートゾーンのニオイや黒ずみに関してです。

デリケートゾーンのニオイに関しては、毛穴との関係がとても深いです。まずは、毛穴を清潔に保っておくということが最も大切となります。

ニオイをなおすためという意味でも、最近ではデリケートゾーンを脱毛してしまうひとも増えてきています。脱毛をすれば、ムダ毛が毛穴からいなくなってくれるので、毛穴のなかも清潔にたもちやすくなります。

普段はムダ毛があるので、なかなか奥までキレイにすることができないことも多いです。そうすると、汗や古い角質などが毛穴のなかにたまり、そこに雑菌が繁殖してニオイとなることがあります。

そしてやっかいなのが、ニオイだけではなく、かゆみも同時に発生してしまうことがあることです。よく夏になると、デリケートゾーンのかゆみのための薬のコマーシャルもよく見かけますが、多くの人にとって、夏場のデリケートゾーンのかゆみやニオイは大きな悩みとなっているようです。

さらに、女性にとっては、夏になるとただでさえニオイやかゆみが発生しやすいのに、生理があるために、この時期はとても不快な思いをしなくてはなりません。

そんなお悩みも、デリケートゾーンの脱毛によって解消することができます。
そしてデリケートゾーンの脱毛をすることで、これ以上自分でムダ毛の処理をしなくてもよくなるので、カミソリなどでデリケートゾーンに摩擦や刺激を与えることもなくなります。

そうすれば、気になるニオイだけでなく、黒ずみの解消にもつなげることができます。
ふだんからカミソリなどをデリケートゾーンに使っていると、お肌の乾燥もまねくので、さらに黒ずみのできやすいお肌になってしまいます。

デリケートゾーンには、制汗剤もスプレーも使えないので、そもそもの要因をつみとってあげれば、黒ずみもニオイもかゆみも、あらゆるお悩みとおさらばすることができます。

脇汗の臭いへの対策方法

暑い季節になってくると、発刊量が増え汗臭さが気になります。
特に脇は汗がかきやすく、ワキガの元となってしまうわけですが、この対策方法を2点あげてみます。

 長期的な目でみると、汗を上手にかく体質にすることです。

普段汗をかき慣れてないと、汗が必要以上に出たり、ベタベタになって雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。また肥満で皮下脂肪がたっぷりあるというのも、多汗症の原因になります。

体温が上昇した時、水分を皮膚面にだし蒸発する時の気化熱を利用して皮膚から体温を下げていこうというのが汗のメカニズムですが、皮下脂肪が厚いと皮膚表面は汗効果で冷えてきているのに、それが体内に伝わるまでタイムラグが生じ、信号が伝わって汗を止める頃には無駄に汗をかきすぎているなんて状態になってしまうわけです。

普段から半身浴をしたり、適度な運動をして汗のかきならせることや、皮下脂肪の厚い方はダイエットなどをして落とす、どちらも短期間で結果のでるものではないですが、こういう体質改善をしていくのが根本的な解決法だといえます。

 次にお勧めなのは毛深い方は脱毛などで脇毛の処理をすることです。

これは上記と違い数日で結果がでます。
汗が毛に付着すると、毛についた汗が蒸発する時に雑菌が繁殖し、独特のにおいの元になってしまうわけです。ですので、その毛を処理してしまえば臭いが改善されるといわけです。

これは中高年の女性や男性に効果があるんじゃないでしょうか?
若い女性だと言われなくても薄着になってくる季節には腋毛の処理はしてると思いますが、男性と中高年以上の女性は腋毛の処理を怠っている方が多いと思います。

除毛でもいいんですが、除毛だと毛がすぐに生えてくるのと、より毛深く太くなって生えてくるので、こまめな処理が必要になってきます。

脱毛だと一度全部腋毛の処理をしてしまえば2,3週間は生えてきません。生えてきても毛先の細く、より薄くなって生えてくるのがほとんどなのと、月に一度ぐらいのお手入れですむので、脱毛がお勧めなわけです。

長期と短期でできる脇汗の臭い対策方法を書いてみましたが、どちらも平行して行ってくれるとより効果もでますので、臭いが気になる方は一度試してみてください。