脇汗の臭いへの対策方法

暑い季節になってくると、発刊量が増え汗臭さが気になります。
特に脇は汗がかきやすく、ワキガの元となってしまうわけですが、この対策方法を2点あげてみます。

 長期的な目でみると、汗を上手にかく体質にすることです。

普段汗をかき慣れてないと、汗が必要以上に出たり、ベタベタになって雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。また肥満で皮下脂肪がたっぷりあるというのも、多汗症の原因になります。

体温が上昇した時、水分を皮膚面にだし蒸発する時の気化熱を利用して皮膚から体温を下げていこうというのが汗のメカニズムですが、皮下脂肪が厚いと皮膚表面は汗効果で冷えてきているのに、それが体内に伝わるまでタイムラグが生じ、信号が伝わって汗を止める頃には無駄に汗をかきすぎているなんて状態になってしまうわけです。

普段から半身浴をしたり、適度な運動をして汗のかきならせることや、皮下脂肪の厚い方はダイエットなどをして落とす、どちらも短期間で結果のでるものではないですが、こういう体質改善をしていくのが根本的な解決法だといえます。

 次にお勧めなのは毛深い方は脱毛などで脇毛の処理をすることです。

これは上記と違い数日で結果がでます。
汗が毛に付着すると、毛についた汗が蒸発する時に雑菌が繁殖し、独特のにおいの元になってしまうわけです。ですので、その毛を処理してしまえば臭いが改善されるといわけです。

これは中高年の女性や男性に効果があるんじゃないでしょうか?
若い女性だと言われなくても薄着になってくる季節には腋毛の処理はしてると思いますが、男性と中高年以上の女性は腋毛の処理を怠っている方が多いと思います。

除毛でもいいんですが、除毛だと毛がすぐに生えてくるのと、より毛深く太くなって生えてくるので、こまめな処理が必要になってきます。

脱毛だと一度全部腋毛の処理をしてしまえば2,3週間は生えてきません。生えてきても毛先の細く、より薄くなって生えてくるのがほとんどなのと、月に一度ぐらいのお手入れですむので、脱毛がお勧めなわけです。

長期と短期でできる脇汗の臭い対策方法を書いてみましたが、どちらも平行して行ってくれるとより効果もでますので、臭いが気になる方は一度試してみてください。

2015年3月10日 脇汗の臭いへの対策方法 はコメントを受け付けていません。 脇の汗とニオイ