デリケートゾーンの強烈な臭いの悩み

体臭がきつく、色々な部分の臭いで悩まされてきましたが、デリケートゾーンの臭いは特に強烈で、気持ちが悪くなってしまうほどです。

衣服をしっかり身に着けていても、デリケートゾーンの臭いは抑えることができません。しゃがんだり、体操座りをしたりしていると、ぷーんと臭ってきて、ショックを受けます。

周りの人にも臭っているのではないかと思うと、耐えられません。
トイレのような嫌な臭いがする、と言われたら、本当のところは分かりませんが、臭いの原因は私なのではないか、と本当に申し訳なく、恥ずかしい思いをします。

以前不正出血があり、心配になって産婦人科を受診した時に、きれいな子宮ですねと言われて喜んでいました。しかし、その時先生にどういう理由で言われたのかは分かりませんが、デリケートゾーンを清潔に保つように言われました。

多分デリケートゾーンが強烈に臭ったのか、とても汚れていたのでしょう。
しっかり洗ってはいったのですが、それからはもう少し気を付けて洗うように心がけるようになりました。

デリケートゾーンは、ちゃんと洗うように心がけてはいても、それで臭いがとれるわけではなく、どうすればいいか途方に暮れていました。ワキガなどのように制汗スプレーをかけるわけにもいかず、デリケートな部分だけによく蒸れてかぶれてしまうので、対策のとりようもありません。

しかし、このままではいけないので、インターネットで調べてみることにしました。
調べたところ、デリケートゾーンの臭いの原因は雑菌がたまっていることだということが分かりました。そして、しっかり洗っていたつもりが、私の洗い方では足りなかったようです。シャワーをジャージャーかけるだけでは雑菌はとれないそうです。

指で優しく、ちゃんと石鹸もつけて洗うように、それからは心がけています。
しかし、洗い方を変えてはみましたが、それでもデリケートゾーンの臭いはなくならず、解決には至っておりません。
最近では下着にパットをあてて、なるべくこまめに取り換えるようにして、ごまかしています。

夏になると気になるデリケートゾーンの悩み

夏になると、ニオイが気になるというひとは多いですが、中でもお悩みが多いのがデリケートゾーンのニオイや黒ずみに関してです。

デリケートゾーンのニオイに関しては、毛穴との関係がとても深いです。まずは、毛穴を清潔に保っておくということが最も大切となります。

ニオイをなおすためという意味でも、最近ではデリケートゾーンを脱毛してしまうひとも増えてきています。脱毛をすれば、ムダ毛が毛穴からいなくなってくれるので、毛穴のなかも清潔にたもちやすくなります。

普段はムダ毛があるので、なかなか奥までキレイにすることができないことも多いです。そうすると、汗や古い角質などが毛穴のなかにたまり、そこに雑菌が繁殖してニオイとなることがあります。

そしてやっかいなのが、ニオイだけではなく、かゆみも同時に発生してしまうことがあることです。よく夏になると、デリケートゾーンのかゆみのための薬のコマーシャルもよく見かけますが、多くの人にとって、夏場のデリケートゾーンのかゆみやニオイは大きな悩みとなっているようです。

さらに、女性にとっては、夏になるとただでさえニオイやかゆみが発生しやすいのに、生理があるために、この時期はとても不快な思いをしなくてはなりません。

そんなお悩みも、デリケートゾーンの脱毛によって解消することができます。
そしてデリケートゾーンの脱毛をすることで、これ以上自分でムダ毛の処理をしなくてもよくなるので、カミソリなどでデリケートゾーンに摩擦や刺激を与えることもなくなります。

そうすれば、気になるニオイだけでなく、黒ずみの解消にもつなげることができます。
ふだんからカミソリなどをデリケートゾーンに使っていると、お肌の乾燥もまねくので、さらに黒ずみのできやすいお肌になってしまいます。

デリケートゾーンには、制汗剤もスプレーも使えないので、そもそもの要因をつみとってあげれば、黒ずみもニオイもかゆみも、あらゆるお悩みとおさらばすることができます。