足のニオイを予防する方法

足のニオイを防ぎたいと思ったら、まずは足を清潔に保つことが大切になります。
たとえば、お風呂に入った時には、足の指とかかとをしっかりと洗うといいでしょう。
足のつめの周りやかかとの古い角質は、においの原因になりやすいです。念入りに洗うようにしたいものです。

そして、入浴後は、足の水分をタオルでしっかりとふき取るようにするといいです。
残っている水分は菌が増殖する原因になります。そして、これもまた、足のにおいの原因となるのです。このように、入浴の時に少し工夫するだけで、足のにおいは予防できるのです。

朝、出かける前には、素足にフットスプレーをかけるようにしてもいいでしょう。
足用のスプレーをするだけで、菌の増殖は予防できます。そして、さらっとした足元を保つことができます。この時には、足専用のものがお勧めです。そのほうが効果が期待できるのです。

そして、靴をはくときには、フットカバーやストッキングなどを着用してから、靴をはくといいです。足のにおいが気になる人は、素足ではくのは避けたほうがいいでしょう。
素足で靴をはくと、ムレやニオイの原因になることがあります。フットカバーなどは、汗を吸収する効果もあります。そのため、ムレやにおいを防ぐことができるのです。

そして、1日はいた靴は、しばらく陰干しして乾燥させるといいでしょう。
そうすれば、靴にニオイがこびりつくことはありません。同じ靴を何日もはき続けることはにおいの原因にもなります。靴は、何足か取り換えながらはくようにするといいでしょう。

また、足用のシートなどを利用して、汗をこまめにふくこともお勧めです。
夏になると、どうしても汗をかきます。からだだけでなく、足の汗もこまめにふくようにすれば、足を清潔に保つことができます。
そして、靴の素材も、夏になったら、通気性を重視して選ぶといいでしょう。風通しが良い靴ならば、汗がこもることも少ないです。
そして、いやなニオイ原因になることを避けられます。